食材をネットで購入!通販食品を利用した時短料理法

下処理の時間を短縮する

すでに下処理が済んでいるから便利

皮が剥かれており、一口大に切られている冷凍の野菜を通販で購入しましょう。
そのまま料理に使えるので、自分で下処理を行う手間を省けます。
ブロッコリーやカリフラワーを電子レンジで解凍するだけで、蒸し野菜の完成です。
また様々な冷凍野菜をコンソメと一緒に煮込むだけで、野菜スープを作れます。

どんなに時間がない時でも、冷凍野菜があれば安心なので通販で購入しておきましょう。
冷凍野菜は、解凍しなければ長時間保存できる面もメリットです。
生の野菜は冷蔵庫の野菜室に入れていても、時間が経過するとどんどん鮮度が低下し、味が落ちてしまいます。
いつでもおいしくて新鮮な野菜を食べられるよう、頻繁に使う野菜は冷凍されているものを買いましょう。

冷凍の果物もおすすめ

野菜だけでなく、果物も冷凍されて売られています。
朝に野菜や果物を混ぜてスムージーを作っている人は、冷凍されたものを買うと時短に繋がるでしょう。
手軽に栄養も補給できるので、忙しい人に向いています。
冷凍された果物をスイーツ作りに使ったり、ヨーグルトに入れたりと使える場面がたくさんあります。
ダイエットをしている人は、おやつ代わりに食べても良いですね。
クッキーやケーキよりもカロリーが低く、栄養も摂取できるので非常にダイエット向きです。

生の野菜や果物は、スーパーに行くと高額で売られていることが多いです。
そこで冷凍された野菜や果物を、通販で購入しましょう。
大容量でも安く売られているので、食費の節約にも繋がります。


この記事をシェアする